kuemama's_webryblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 予告編『SAYURI』

<<   作成日時 : 2005/09/29 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

『忍-SHINOBI』 で、12月10日に日米同時公開の『SAYURI』の予告編を見ました。主役のさゆりが日本人にならなくて残念だと思っていましたが、チャン・ツィイーはとてもステキでした。渡辺謙と共に役所広司もハリウッド進出です。

ただ、なんだかとっても変というか不思議な感じでした。セットもいかにも日本で、出演者の顔もみなちゃんと東洋人なのに、流ちょうな英語で話すのです。吹き替えで口元が日本語なら変じゃないのだけれど……。予告を見いた限りでは、そのころそんな髪型したかなぁ…と思う程度で、言葉以外の違和感はありませんでした。以前よりは「そりゃ日本じゃないでしょ」っと思う場面は少なくなってきているとおもいますが、はたして本編ではどうでしょうね。

【オフィシャルサイト】こちらでも予告編を見ることができます。

さゆり〈上〉
さゆり〈上〉 (文春文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
注目movie!!!『SAYURI』
映画館で予告を見て、「これは絶対見よう!!」って思ったのがこの『SAYURI』。 スティーブン・スピルバーグ監督のハリウッド映画で、主演はアジエンスというシャンプーのCMで有名なチャン・ツィー。その他渡辺謙、役所広司、桃井かおりまで登場の豪華さ。 物語は日本の一人の芸者にスポットを当てているらしい。 ...続きを見る
('-'*)きくぞぅ*MISOJI*
2005/11/11 14:54
またまたスピルバーグにかちーん 〜SAYURI〜
昨日「シンデレラマン」を観た時に予告編があったわけですよ。 ...続きを見る
アンチハリウッド!な映画部ブログ
2005/11/24 21:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
原作本が英語の本(英語版だけで400万部の大ベストセラー)なので映画は当然英語で作ります。主要な8人(内日本人5人)の俳優の内英語がネイティブなのはミッシェル・ヨーだけです。ミッシェル・ヨーへのインタビューによると英語が出来るという事で選ばれたはずの桃井かおりでも英語で台詞が上手く言えないと、よく泣いていたそうです。チャン・ツィイーも最初の2ケ月は英語での演技は出来ないと思ったそうです。外国語で演技をするのは非常に困難とのことです。テスト試写の情報によると言葉での問題は無いようです。つまり言葉の問題を克服したと言うことです。試写の評判が大変良いので、アカデミー賞の有力候補作品になりそうです。映画は予告編よりずっとずっと良いそうです。チャン・ツィイーしだいですが(主役への評価で作品自体の評価が決まってしまうタイプの映画の為)渡辺謙の2度目のノミネートがあるでしょう。
よし
2005/10/18 22:06
よしさん、コメントありがとうございます。
ハリウッドの作品はある程度というより、かなり厳しく英語が出来なければなりませんから、出演者は必死だったことでしょうね。
一般人へのなにかのインタビューでチャン・ツィイーを日本人だと思っている人がいたので、ますます、そんな人が増えそうで気になっちゃいます。日本人女性が主役を出来たらよかったのになぁ……。
kuemama。
2005/10/18 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
予告編『SAYURI』 kuemama's_webryblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる