kuemama's_webryblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ダ・ヴィンチ」の次は「スタバ」……トム・ハンクス

<<   作成日時 : 2006/04/04 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

トム・ハンクスの次の作品が決まったそうです。

 トム・ハンクスが、ガス・バン・サント監督の次回作「How Starbucks Saved My Life(いかにして私の人生はスターバックスに救われたか)」に主演することが分かった。米バラエティ誌が報じたもの。ハンクスの製作会社プレイトーンが製作し、ユニバーサル・ピクチャーズが配給する。

 同作は、広告代理店J・ウォルター・トンプソン社の元重役であるマイケル・ゲイツ・ギルの回想録の映画化で、仕事も妻もなくして落ち込んでいたギルが、スターバックスの店員となり、人生の新たな生き甲斐を見つける姿を描く。(eiga.com 4月4日)

「ターミナル」の時のように、セットに店舗を作ってチラリと撮すなんてどころじゃなく、タイトルにまでなる作品なのですね。もっも、邦題はどうなるでしょうね?

日本の店舗でも公開の宣伝をしたりするでしょうか?シネコンの売店はあまりスタバを強調されると困るかも(^_^;) う〜ん、こりゃ、スタバの株を今のうちに買い増しておいた方がいいかな?

スターバックス コーヒー ジャパン
2712 本日の株価 (Infoseek マネー)

スターバックス成功物語
映画はスタバの店員だった人のサクセスストーリーだけど、スタバのCEOもそれなりにサクセスストーリーがやっぱりあります。映画の原作はAmazonの洋書でも見つかりませんでした。でも、きっとじきに翻訳本も出ることでしょう。
スターバックス成功物語

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
スタバは、映画の舞台になりやすいんですかね?
確か、「アイ・アム・サム」でもショーン・ペンがスタバで働きながら、娘ルーシー(ダコタ・ファイニング)を育てていませんでしたっけ。
それにしても、スタバはすっかり日本でも定着しましたね!

2006/04/05 00:08
スタバ、ビジネス街だけでなく、スーパーの中にも出来てますものね。
ても、ちょっと高い……。
私はもっぱらMyエスプレッソマシンで、自宅カフェ(~o~)
kuemama。
2006/04/05 08:38
 こんばんは(*^_^*)
そうですね〜、スタバの株、ずっと気になっていましたが、今だ買えていません(^_^;)金額のわりに優待もいいですしね!
私も買っちゃおうかなあ(*^。^*)
のそ
2006/04/08 20:41
のそさん、こんばんは(~o~)
5株だとドリンク券4枚だけれど、M氏と1株ずつでも2×4枚ですよね。
ドリンクはなにを頼んでもOKなので、近所の店舗で欲張ってフラペチーノの一番大きいサイズ(グランデの上があったの!)を持ち帰りにしたけれど、お腹こわしそうでした(^_^;)
kuemama。
2006/04/08 21:09
はじめまして。
本当にそんな映画にトム・ハンクスでるんですか?ビックリです。
スタバの株、買おうかなぁ・・・。
へびにょろ
URL
2006/05/23 22:24
へびにょろさん、ようこそ\(^O^)/
どんな作品になるでしょうね。
えぇ、スタバの株、今のうちですよ(^_-)
kuemama。
2006/05/24 09:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ダ・ヴィンチ」の次は「スタバ」……トム・ハンクス kuemama's_webryblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる