kuemama's_webryblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レオニー』

<<   作成日時 : 2010/11/28 10:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
【LEONIE】
2010年/日・米/角川映画/132分
【オフィシャルサイト】
監督:松井久子
出演:エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、柏原崇、中村雅俊

1901年、フィラデルフィアにある名門女子大学を卒業したレオニー・ギルモアは、ある日ニューヨークで、日本から来た詩人ヨネ・ノグチ(野口米次郎)と出会う。編集者として彼の英詩を手伝うようになり、やがて2人は恋に落ちる。しかし、レオニーの妊娠を知らされたヨネは、突然ひとりで日本に帰国してしまうのだった。悲嘆に暮れながらも出産することを決意し、無事元気な男の子を産んだレオニー。次第に日本人への風当たりが強くなる中、手紙でヨネからの熱心な誘いを受けたレオニーは、息子と共に日本へと向かうのだったが…。


イサム・ノグチ作品や当時大変な環境だったであろうということは、何となく知っていましたが、彼の母については、まったく知りませんでした。アメリカでも日本人の子供を産むことだけでもかなり勇気のいることだろうし、まして、日本にやってくるなんて、それに、ほとんど日本語を覚えなかったようだし……。でも、上流のひとの英語力はかなりのものだったみたいだし、周りもそれなりに手をさしのべる人はいるのですよね。それにしても、変に甘えたりしないレオニーは芯が強いというか何というか……。津田梅子も出てきますが、彼女もすごい方ですよね……。

話が前後したり、あくまでもレオニーの側面から描いているので、わかりにくい感じも少しするのだけれど、映像、カメラアングルなどにも凝っていて、いい作品だと思います。晩年の彫刻に打ち込むイサム・ノグチは、なんだかすごかった……。星は「★★☆−−」です。いつもの劇場では上映していなかったので、新しくできた「TOHOシネマズ上大岡」に、はじめて行ってみました。日曜でしたが、シニアのご夫婦などしか見ていなくて、観客は少なめだったのはいい作品だけにちょっと残念でした……。


レオニー オリジナル・サウンドトラック
ERJ
2010-11-10
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レオニー オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者
講談社
ドウス 昌代

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by  の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『レオニー』 kuemama's_webryblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる