原告が敗訴……『ダ・ヴィンチ・コード』

盗作訴訟、20日に結審……『ダ・ヴィンチ・コード』」について★
昨日、トム・ハンクスと会見した小泉首相も退任したらゆっくり原作を読みたいことでしょう。訴訟はやはり、マイケルさん達の負けということに……。
米作家ダン・ブラウンさんの世界的ベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」は、1982年に出版されたノンフィクション小説の盗作だとして、著者2人が著作権侵害認定などを求めていた裁判で、ロンドンの高等法院は7日、原告側の訴えを退ける判決を下した。

 原告は、「レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説」(邦訳題)を書いたマイケル・ベイジェント氏とリチャード・リー氏の2人。裁判官は、ブラウン氏が「ダ・ヴィンチ・コード」の一部でこの本を利用したが、「本質的にまねた訳ではない」との判断を示した。

 2つの小説はいずれも、イエス・キリストがマグダラのマリアとの間に子どもをもうけ、その血脈が欧州で続いているという筋。

 ダン・ブラウン氏は「訴えには何の利益もないことが明らかになった」との声明を出した。

 原告の訴えが認められた場合、5月に予定されている同名映画の公開にも影響が出る可能性があった。(読売新聞  4月8日)

「訴えには何の利益もない…」って、むしろ世界中によけいにこの原作と映画が浸透したわけで、ダン・ブラウンさんと、映画会社には、かなりの利益ですよね(^_^;)

「レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説」は、前にも書きましたがとっても値段が高いので、図書館でネット予約しました。でも、市内の図書館に7冊くらいはあるようなのですが、まだ28人待ちです……。文庫本が出るのが先か、図書館の連絡が先かって感じかなぁ?文庫が出るかどうかは知りません(^_-)

レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 再び無罪……『ダ・ヴィンチ・コード』

    Excerpt: 「原告が敗訴……『ダ・ヴィンチ・コード』」について★ 先日の判決に続いて、また、無罪となったようです。  [ニューヨーク 20日 ロイター] 米ニューヨーク州の第2連邦巡回控訴院が、米作家ダン・ブ.. Weblog: kuemama。の≪ウェブリブログのへや≫ racked: 2006-04-21 17:00
  • 図書館ネット予約ようやく届く……そして近況

    Excerpt: 「原告が敗訴……『ダ・ヴィンチ・コード』」について★ 4月に予約してすっかり忘れていた「レンヌ=ル=シャトーの謎」が、地元の図書館に届いたとメールが来ました。 Weblog: kuemama。の≪ウェブリブログのへや≫ racked: 2006-07-15 20:10