『どろろ』(DVD)

画像
2007年/東宝/138分/'07年7月3日DVDリリース
【オフィシャルサイト】
監督:塩田明彦
出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、杉本哲太、麻生久美子、土屋アンナ、劇団ひとり、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一

とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくる我が子の体48箇所を48体の魔物に差し出した。醜い姿で生まれ、そのまま捨てられた赤ん坊・百鬼丸は医師・寿海に拾われる。寿海は百鬼丸に失われた部位の代わりとなる作り物の体と護身の妖刀を与え大切に育てるのだった。立派な青年に成長した百鬼丸は、魔物を倒すごとに失われた部位を一つずつ取り戻すことを知り、魔物退治の旅に出る。やがて、そんな百鬼丸と出会ったコソ泥・どろろは百鬼丸の不思議な妖刀を手に入れたくて彼の後を追い始める…。

冒頭は、もう目を覆うばかりの、戦国の残忍な場面。まぁ、しかたないですね。赤ん坊が育っていく様は「戦国和製フランケンシュタインだぁ…」と思ったら、そうか、これは手塚さんの原作なんですよね。妖怪も原作にあわせたんでしょうか?でも、なんだか安っぽい怪獣みたいだったりしたのがちょっと残念。妻夫木は好きだけれど、もっとひねくれた感じがする人の方がよかった気がします。柴咲コウにはピッタリの役だったし、瑛太って、なかなかいいですね。そして中井貴一はよかった。

48もの魔物だから、端折るのはしかたないけれど、それでも追いつきそうにない。そうか、残り半分はまだ続くのね。いつになるんでしょう……。次作は劇場で見ようかDVDを待とうか、ちょっと悩みます。ということで、星は「★★---」です。

どろろ(通常版)
どろろ(通常版) [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2007年11月12日 00:18
こんにちは、kuemama。さん。
ドロロにはダマされないぞーと思い、まだレンタルすらしていません。
まずキャスティングが発表されたときに目がテンになりましたから。(^_^;)
深淵あるドロロの世界を表現するのは並大抵のいれこみではムリでしょうし、
さらに手塚治虫ファンをナットクさせるのは至難の業だと思います。
なので、全く別物だと思えばけっこうイケルのかも知れないと思います。
ハリウッドがアニメを原作にして映画をつくるのとおなじノリですね。
kuemama。
2007年11月12日 12:27
ビショップさん、どうぞよろしく(^.^)
お話だけ手塚さんにして、映像はもっとリアルな別物にしちゃえばよかったような気がします。そう、むしろハリウッドのリメイクみたいな方が言いかもですね。
2007年12月22日 06:43
kuemamaさん、原作とそんなに印象違うのですか? わたしも読んでみようかな~。
kuemama。
2007年12月22日 09:42
みのりさん、ようこそ(^.^)
印象が違うってことではなののですが、
実写版ということで頑張ったけれど…なのです。
でも、続きも見たいですよ。妻夫木君、好きですし(^_-)-☆

この記事へのトラックバック

  • <どろろ> 

    Excerpt: 2007年 日本 138分 監督 塩田明彦 原作 手塚治虫 脚本 塩田明彦  NAKA雅MURA 撮影 柴主高秀 音楽 安川午朗  福岡ユタカ アクション監督 チン・シウトン 出演 妻夫.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2007-12-22 06:38