『ゲド戦記』(DVD)

画像
【TALES FROM EARTHSEA】
2006年/東宝/115分/'07年7月4日DVDリリース
【オフィシャルサイト】
監督:宮崎吾朗
出演:岡田准一、菅原文太、手嶌葵、菅原文太、田中裕子、香川照之

多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それに呼応して、世界ではさまざまな異変が起こり始める。世界の均衡が崩れつつあるのだった。偉大な魔法使い、大賢人ゲドは、災いの源を探る旅に出る。やがて彼は、心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレンと出会う。影におびえるアレンを伴い、旅を続けるゲドは、ホート・タウンの街はずれにある幼なじみテナーの家に身を寄せる。そこには親に捨てられた少女テルーも住んでいた。彼女は、自暴自棄になっているアレンを激しく嫌悪する…。


なんだがアニメ作品のUpが続いてしまいましたが、これは、宮崎アニメということで、やはり見ておかなくちゃかなと思った次第です。

原作を知らないので、今ひとつ背景などがわからず、しかも、アニメならばもう少し笑わせてくれるとか楽しませてくれてもと思うのですが、お子ちゃまは飽きずに見られるでしょうか?さすがに画はきれいですし、あの「テルーの唄」も嫌いじゃないけれど、全体があの歌みたいにちょっとだるい感じ。やはり監督が違うと仕方がないのかなぁ……。

星は「★☆---」です。宮崎アニメは全部見ておかなくちゃって方は、やはり見ましょう。果たして、この夏公開『崖の上のポニョ』はどんな作品なんでしょうね……。 『崖の上のポニョ』オフィシャルサイト

ゲド戦記 特別収録版
ゲド戦記 特別収録版 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月25日 09:58
昨年の夏、お台場のブックフェアに出掛けて、原作のことやこの映画のことを知りました。 “ゲドを読む”っていう本をいただいたのですが、内容が結構難しそうなので、本や映画の観賞を薦めるためのものだと思うのですが、かえってめげてしまいました。 すごく精神的なアニメなのですか?
kuemama。
2008年06月25日 14:53
みのりさん、ようこそ\(^O^)/
原作を生かしつつアニメらしくというあたりで、
ややストーリーがぼけてしまったのかなと思った次第です。
私も原作を読んでみたいと思いつつ、いまだに……(^_^;)

この記事へのトラックバック