『舞妓 Haaaan!!!』(8/29TV鑑賞)

画像
2007年/東宝/120分/'07年12月12日DVDリリース
【オフィシャルサイト】

監督:水田伸生 脚本:宮藤官九郎
出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ

鈴屋食品の東京本社に勤務する平凡なサラリーマン、鬼塚公彦。彼は高校時代に修学旅行先の京都で舞妓に出会って以来、熱狂的な舞妓ファンとなり、いつかは“舞妓はんとの野球拳”という究極の夢を抱いていた。まだ“お茶屋”で舞妓と遊んだことがない公彦だったが、念願の京都支社への転勤が決まり、同僚OLの彼女、大沢富士子をあっさりと捨てて京都入り。はじめは“一見さんお断り”の壁に跳ね返されるものの、お茶屋の常連だった社長から“仕事で結果を出せば連れて行ってやる”と言われ、しゃかりきに働き、ついにお茶屋デビューを果たす。そして公彦は、いよいよ念願だった舞妓との野球拳を実現しようとするのだが…。


クドカンワールド、世間は騒ぐけれど、私はあまり合わないので、この作品もDVDは借りていなかったのです。CMが入るTV鑑賞は、ザッピングしてしまったりして、ちゃんと見ないことがあるのでブログには残さないのだけれど、今回はしっかり見てしまいました。

阿部サダヲが、ちょっとくどくてあまり好きにはなれませんでしたが、お話はいろいろ無理があるものの、まぁ、納得できるし笑わせてくれるし、そしてなにより、覗くことはできないであろう、京都のお茶屋さんや舞妓さんのことも知ることができます。柴咲コウもきれいですが、やはり駒子のような顔立ちが、舞妓さん芸子さんにはいいですね。

星は「★★☆--」です。DVDを借りても損はなく、格好楽しめると思いますよ(^_-)


舞妓Haaaan!!!
VAP,INC(VAP)(D)
2007-12-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



舞妓Haaaan!!!
DVD-outlet
『舞妓Haaaan!!!』「舞妓」をテーマにした宮藤官九郎のオリジナル脚本を、阿部サダヲ、堤真一、柴


楽天市場 by ウェブリブログ



舞妓Haaaan!!! オリジナル・サウンドトラック
キューンレコード
2007-06-13
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 舞妓Haaaan!!!

    Excerpt:  『京都は日本の宝どす。』  コチラの「舞妓Haaaan!!!」は、6/16公開になった人気脚本家の宮藤官九郎が"舞妓"の独特な世界を描いたオリジナル脚本によるスピーディでハイテンションなコメデ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-08-30 22:31
  • 『舞妓 Haaaan!!!』 ('07初鑑賞64・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 6月16日(土) 109シネマズHAT神戸シアター7にて 13:10の回を鑑賞。 梅雨の”初め”休みってことで、いいお天気でし.. Weblog: みはいる・BのB racked: 2008-08-31 11:20
  • 舞妓 Haaaan!!!

    Excerpt: 2007年度 日本作品 120分 東宝配給 STAFF 監督:水田伸生 脚本:宮藤官九郎 CAST 阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ 小出早織 生瀬勝久 山田孝之 真矢みき 吉行和子 伊東四朗 変.. Weblog: pure's movie review racked: 2008-08-31 12:52
  • (映画)舞妓Haaaan!!

    Excerpt: 舞妓フリークの主人公。しかし、そこは一見さんお断りの世界。野球拳を舞妓としたいだけなのに…。 Weblog: ゼロから racked: 2008-09-01 06:58
  • 『舞妓Haaaan!!!』を観たぞ~!

    Excerpt: 『舞妓Haaaan!!!』を観ました人気脚本家のクドカンこと宮藤官九郎が“舞妓”の世界を舞台に書き下ろしたオリジナル脚本で華麗に贈るドタバタ・コメディです>>『舞妓Haaaan!!!』関連ジャンル:コ.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2008-09-04 23:36
  • 『舞妓Haaaan!!!』'07・日

    Excerpt: あらすじお茶屋で遊んだことはなくとも、熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願の京都支社への転勤が決まる。恋人の富士子(柴咲コウ)を捨てて京都入りした彼は、お茶屋へ直行するも、「一見さんお断.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-12-24 07:11
  • 舞妓 Haaaan!!!

    Excerpt: 京都は日本の宝どす。 Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2010-01-26 21:43