『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』

画像
【PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF】
2010年/FOX/121分
【オフィシャルサイト】
監督:クリス・コロンバス
出演:ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン、アレクサンドラ・ダダリオ、ブランドン・T・ジャクソン、ショーン・ビーン、キャサリン・キーナー、ケヴィン・マクキッド、ジェイク・アベル、スティーヴ・クーガン、ロザリオ・ドーソン、ジョー・パントリアーノ

未だ父親の存在を知らずに母親サリーと暮らしてきた17歳のパーシー・ジャクソンは、学校に溶け込めない落ちこぼれ。そんな彼も何故か水の中にいる時だけは心を落ち着かせることが出来た。だがある日、パーシーは、“ゼウスの稲妻”を返せ!と叫ぶ恐ろしいクリーチャーに襲われ、母がさらわれる信じがたい事態に遭遇する。また、学校のブルナー先生や親友グローバーらがそれぞれ“デミゴッド”というギリシャ神話の神々と人間のハーフであること、そして自分自身も海の支配者ポセイドンを父に持つデミゴッドだという衝撃の事実を知らされるパーシー。さらに彼は、全能の神ゼウスから何者にも勝るパワーを秘めた最強の武器である“稲妻”を盗んだ犯人と見なされてしまっていた。“稲妻”を2週間後の夏至までにゼウスのもとへ戻さなければオリンポスの神々が決裂し、地上は破滅の危機に追い込まれることから、パーシーは一刻も早く真犯人を突き止めて母を救い、“稲妻”をゼウスに返すため、仲間と共に重大な使命を背負う旅へ出るのだが…。


ハリー・ポッターの監督ということもあって、比べられていますが、パーシーはすでに17歳。実母と暮らしているものの、同居の母の彼は、とっても嫌な奴。それも、わけあってですけど……。彼が導かれるあの学校、私はむしろ、X-MENのような感じだなと思いましたよ。あ、でも、学ぶ戦いはあくまでもギリシャ神話風。さらに、アメリカにあんなとこあるの?とか、カジノに17歳があんなにすんなり入れるの?とか、もっと言えば、なんであのビルからエレベーター?とか、もう、トンデモはいっぱいですが、それなりに面白かった!

ローガン・ラーマンや、アレクサンドラ・ダダリオなど、若い俳優もなかなか。ユマ・サーマンの今風メドゥーサ、なんかすごく気持ち悪いけど、いいわ…(^_-) だいぶ前にピアース・ブロスナンが髪やヒゲのモジャモジャを見たけれど、これだったのですね。彼やグローバーのCGもうまく出来ていましたよ。ルークはどうなったの?ってことは、次作やる気満々ってことですかね。あ、それから、いつも言うけれど、映画はエンドロールが終わるまでですよ。文字が出始めたからってすぐに席をただないでくださいな。ま、観客、大人が多かったから、つまんなかったのかなぁ?でも、最後にあれ見なくちゃ…(^_-) あと、赤ちゃん、仕方ないのでしょうが、なんで連れてくるかなぁ……。時々グズってた……。

もう少しお子ちゃまかな?と思ったけれど、私はこういうの好き。ということで星は「★★★--」です。3Dでも楽しめそうだけれど、ま、そこまでの作品じゃないのかもね…(;´∀`)


パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃
ほるぷ出版
リック リオーダン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック