『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』

画像
【Captain America:The First Avenger】
2011年/パラマウント/124分
【オフィシャルサイト】
監督:ジョー・ジョンストン
出演:クリス・エヴァンス、トミー・リー・ジョーンズ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘイリー・アトウェル、セバスチャン・スタン、ドミニク・クーパー、トビー・ジョーンズ、スタンリー・トゥッチ、ニール・マクドノー、デレク・ルーク、ケネス・チョイ、リチャード・アーミテージ、JJ・フィールド、ブルーノ・リッチ、サミュエル・L・ジャクソン

1941年。ヒトラー率いるナチス・ドイツがヨーロッパを席巻していた頃、祖国アメリカを愛する青年スティーブ・ロジャースは、兵隊となって正義のために戦うことを願っていた。しかし、体が小さく虚弱な体質の彼は入隊テストをパスできず、悔しい思いを募らせていた。そんな時、謎の軍医アースキン博士から、軍の“スーパーソルジャー計画”というプロジェクトに誘われ、極秘実験の被験者第1号に志願する。みごと実験は成功し、超人的な肉体と運動能力を獲得したスティーブ。しかしその直後、博士は自分がナチ党時代に生み出したカルト集団“ヒドラ党”のスパイによって絶命、“スーパーソルジャー計画”も頓挫してしまう。その結果、戦力として貢献する道を絶たれたスティーブは、彼の意に反して単なるマスコット“キャプテン・アメリカ”として、軍のPRに駆り出されることになるのだったが…。


冒頭、真っ白な雪原に墜落したらしき大きな物体。そして、星のマークが付いた物が…。で、そこから第二次世界大戦の頃ににさかのぼるわけです。日本は映画の大事なマーケットなので、あくまでもナチスから出た「ヒドラ党」を敵に。宇宙からやってきたのでもなく、お金持ちで自分でいろいろ開発したわけでもなく、そして、偶然蜘蛛に刺されたわけでもなく、自身がお国のためにと強く思ってというあたりが、いかにも当時らしい設定です。

悪者と科学者、かなんだか何かで見たような感じだし、あの赤い人、緑だったらまるでジム・キャリーのアレよね。それに、ペギーとの最後の交信はちょっとウルッと来るけれど、もう少し、ロマンスがあった方が、もっと盛り上がるのにね。なんて言いますが、かなり楽しめましたよ。スティーブは別の人でやったのではなくCGとうことですごい。本当に最近のVFXは素晴らしいですね。

ラストにようやく冒頭の状況がわかります。そして、浦島太郎となるスティーブ。さらに、エンドロール終わって、あのマーベルのヒーローが集まる『ジ・アベンジャーズ』の予告が!2012年5月に3D公開のようで楽しみです。そう、この作品のスタークって、トニーのお父さん!

ということで、ちょっといつもよりはネタバレ気味だったでしょうか?まぁ、もとがコミックなんですから大丈夫ですよね。星は「★★★★-」です。3Dでなくてもいいかなと思いますが、字幕なのでよかったわ。




この記事へのコメント

2011年10月20日 22:04
はじめまして、マーベル・コミックとかの原作映画はたいてい見てます。つうか、最近の映画はこの手が多いので・・・。自ブログは基本音楽ブログなのですが、最近映画記事もぼちぼちアップしています。
kuemama
2011年10月21日 10:42
ようこそ!
私も、この手の作品大好きなんです。
TBやコメント、また、お待ちしてます~(^▽^)/

この記事へのトラックバック