『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

画像
【The Three Musketeers】
2011年/仏・米・英・独/ギャガ/111分
【オフィシャルサイト】
監督:ポール・WS・アンダーソン
出演:ローガン・ラーマン、オーランド・ブルーム、ミラ・ジョヴォヴィッチ、クリストフ・ヴァルツ、マシュー・マクファディン、レイ・スティーヴンソン、ルーク・エヴァンス、ジュノー・テンプル、マッツ・ミケルセン

17世紀のフランス。若くして王位を継いだルイ13世は、王妃アンヌに夢中で政治には無頓着。その隙に野心家のリシュリュー枢機卿が着々と実権を掌握しようとしていた。そんな中、三銃士に憧れる無鉄砲な青年ダルタニアンが田舎からパリへとやって来る。最初はそうとは知らずに三銃士相手に決闘を申し込むダルタニアンだったが、リシュリューと敵対する両者はほどなく和解、晴れて三銃士の仲間入りを果たす。その頃、正体不明の美女ミレディは、王妃と敵国イギリスのバッキンガム公爵が通じていると見せかけるべく、王妃の首飾りを盗み出しイギリスへと渡る。ダルタニアンは秘かに想いを寄せる王妃の侍女コンスタンスからそのことを知らされ、三銃士と共に首飾りの奪回へと旅立つ。


もう、誰もが知ってる『三銃士』をベースに何でもアリで、とにかく楽しませてくれる作品だと思ってみればいいのです。ミレディ、不二子ちゃんみたいにもっと色っぽくていいのにね。ミラ・ジョヴォヴィッチだと、いかにもスパイみたいな気がしちゃって、でも、監督の奥さんだし、あれだけの動きはやっぱり彼女かしらね。オーランド・ブルームのバッキンガム公爵はいい感じ、彼もこういう役が似合う年になったのよね。最初の「パイレーツ…」の時は主役なのかと思ってたのに、すっかり、ジョニデに持って行かれちゃったし、憎まれ役の方がおいしいのかも。

とにかく、大きなスクリーンの3Dで楽しみましょう!字幕で観ちゃったけれど、フランスの所も英語なので、むしろ吹き替えで観ればよかったかも。しかし、まぁ、星は「★★★★-」です。次作やる気満々のバッキンガム公爵でしたが、果たしてどうなんでしょうか?


三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (竹書房文庫)
竹書房
アレクサンドル・デュマ原作

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (竹書房文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



三銃士 上 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
アレクサンドル・デュマ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三銃士 上 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



三銃士 下 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
アレクサンドル・デュマ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三銃士 下 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック