『ベオウルフ/呪われし勇者』

画像
【BEOWULF】
2007年/ワーナー/114分
【オフィシャルサイト】
監督:ロバート・ゼメキス
出演:レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコビッチ、ロビン・ライト・ペン、ブレンダン・グリーソン、クリスピン・グローバー、アリソン・ローマン、アンジェリーナ・ジョリー

6世紀のデンマーク。フローズガール王が盛大な宴を催す中に、醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現した。人々を虐殺したグレンデルに対し、王は褒賞を用意して討伐隊を募集。これに応じた戦士ベオウルフは、見事グレンデル撃退に成功する。戦勝を祝い再び華やかに繰り広げられる宴。しかし翌朝ベオウルフが目にしたのは、皆殺しにされた兵士たちの姿だった。彼はその犯人と思しきグレンデルの母親の元へと向かうが……。

「指輪物語」にも影響を与えたという歴史上最古の英雄叙事詩をCGで映像化とのことなので、ストーリーも画像もなんかどこかで見たような……。でも、同じロバート・ゼメキス監督の『ポーラー・エクスプレス』よりも、出演者の顔がリアルだし、技術も上がったのでしょう、違和感をあまり感じません。スペクタクルもまずまず。大きな暗い洞窟の中などは、こちらも一緒に入り込んでしまったような感じで、やはり、劇場で見るに限ります。一部の劇場(ワーナーマイカルシネマズ)では、3D上映(終日2000円)です。レディースデイ価格で見られるなら、3Dで見たかったなぁ……。

それにしても、アンジェリーナ・ジョリーはピッタリの役だし、彼女その物って感じ。王様や英雄が惑わされるのも、さもありなん。惨殺シーンはしょうがないとしてもグレンデルがイヤだったので減点。ベオウルフも立派な身体を見せたいのでしょうが、なんで全部脱がなきゃいけないのさ……。 星は「★★☆--」です。

デジタル3-Dシネマ(WARNER MYCAL CINEMAS)

"『ベオウルフ/呪われし勇者』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント