『アイアンマン』

画像
【IRON MAN】
2008年/ソニー・ピクチャーズ/125分
【オフィシャルサイト】

監督:ジョン・ファヴロー
出演:ロバート・ダウニーJr.、グウィネス・パルトロー、ジェフ・ブリッジス、テレンス・ハワード、ショーン・トーブ、レスリー・ビブ

米国政府と契約を結ぶ巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長で、発明家としての顔も持つトニー・スターク。彼はある日、自社新型兵器のデモ実験に参加するためアフガニスタンへ赴き、みごと実験を成功させる。だがその直後、テロリスト集団の襲撃に遭い、胸に深い傷を負ったまま囚われの身となってしまう。さらに、一味のために最強兵器の開発を強制されるトニー。しかし、彼は一味の目を盗んで飛行可能なパワードスーツを開発、それを身につけ、敵の隙をみて脱出し生還を果たす。そして、この一件で自社兵器がテロ組織に利用されているのを目の当たりにし、ショックを受けたトニーは会社として武器製造を中止する一方、テロ撲滅を誓い、秘かにパワードスーツの改良に着手。こうして試行錯誤の末、驚異の攻防力と飛行性能を兼ね備えたパワードスーツ=“アイアンマン”を完成させる。


今回は、アイアンマン誕生までってところでしょうか。ヒーロー誕生の作品はいろいろありますが、これは、結構リアリティーもあって共感もできました。もちろん、フルにCGは使われていますが、捕らわれた洞穴でいろいろ工夫してすごいものを作り出し、さらに家に戻って、高機能に作り上げるなんてのも、とてもわくわくしました。試作中など、あそこまでやったらいくらなんでも助からんだろう…なんてところは、まぁ、ご愛敬。キーボードや3Dの設計装置など、ホントに近未来あんな風になりそうな気がします。それに、コンピューターも人間っぽいところがあったし、ロボットアーム君なんか、かわいいくらいでした。

画像

正直、アイアンマンの顔はいまいち好きでないけれど、コミックであんな感じなんでしょうね。読んだことがなかったので、いきなり活躍されるより、すごくわかりやすくて、この先がとっても楽しみ!それにしても、せっかく「クレジットの後にも映像があります」とか何とかせっかく字幕を出してくれているのに、何で席を立つかなぁ……。まぁ、マーベルまたそうきますか…って、映像ではありますが……。

星は「★★★★★」です!試写会はともかく、先行上映がなかったのもよろしい!TOHOシネマズのポイントがあったからもありますが、公開初日に見たかいがありましたぁ\(^o^)/



Iron Man [Original Motion Picture Soundtrack]
Lionsgate
2008-05-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



【2008年9月頃発売予定】マーベル 等身大フィギュア アイアンマン【MUCKLE MANNEQUINS】
アット市場
【予約商品】発売予定:2008年9月頃メーカーMUCKLE MANNEQUINS商品説明アメリカでは


楽天市場 by ウェブリブログ

"『アイアンマン』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント