『WALL・E/ウォーリー』

画像
【WALL・E】
2008年/ディズニー/103分
【オフィシャルサイト】
監督:アンドリュー・スタントン
出演: ベン・バート、エリサ・ナイト、ジェフ・ガーリン、フレッド・ウィラード、ジョン・ラッツェンバーガー、キャシー・ナジミー、シガーニー・ウィーヴァー

人類が新たな入植地を求め宇宙へと去ってから長い年月が経つ29世紀の地球。そこでは700年間、一体のゴミ処理ロボットが人間たちの残したゴミを独り黙々と片付けている。そのロボットの名はウォーリー。長い年月の中で、次第に感情が芽生えていった彼は、ゴミの中から宝物を見つけてはコレクションすることをささやかな楽しみにしていた。そんなウォーリーの前にある日、ピカピカのロボット“イヴ”が現われる。彼女の気を惹こうとコレクションの1つ“ヒョロっとした植物”を見せるウォーリー。だがその瞬間、イヴは動かなくなり、宇宙船にさらわれてしまう。実は、彼女には地球の運命を左右する重大な秘密が隠されていた。ウォーリーはイヴを救うため、未知なる宇宙へ旅立つのだが…。


監督が野球を見に行った時に思いついたという、双眼鏡顔のウォーリーは、とっても表情豊か。ピカピカのイヴはクリオネみたいで可愛いんだけれど「猟奇的な彼女」ってところ。それにしても、ゴキちゃんは、進化しちゃってるのか、踏まれてもつぶれない、さすがの生命力であります。ロボットやコンピューターがあそこまで進化できたらすごいですね。でも、それが、例によって怖いことでもあるのですが……。ロボット君たちの方が人間的で、人間の方はすっかりメタボで、むしろ、ロボットというか、家畜みたいに思っちゃったけれど、ストレスがないからでしょうか、なんだか、おおらかでいい人たちだったのが救いかな……。

今現在、地上だけでなく、地球の周りにも、すでに衛星などがゴミとなって回ってるんですよねぇ。29世紀よりもっと前に、こうなってしまうんじゃないかしら……。エンドロールは、NG集こそありませんでしたが、古代洞窟壁画風からどんどん進化して、絵画風になって、TVゲーム風になってと、さすがです。

ウォーリーが一人黙々とゴミを片づける様子も、宇宙での様子も、やっぱりスクリーンで見なくちゃ!星は「★★★★★」です。アニメでは久しぶりに満足のいく作品でした。やっぱり、ピクサーはさすがですね(^_-)


ウォーリー
ウォルト・ディズニー・レコード
2008-12-03
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



WALL-E [Original Score]
Walt Disney
2008-06-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






ディズニー インターアクション EVE (イヴ)
タカラトミー
2008-11-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"『WALL・E/ウォーリー』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント