『007/慰めの報酬』

画像
【QUANTUM OF SOLACE】
2008年/英・米/ソニー・ピクチャーズ/106分
【オフィシャルサイト】
監督:マーク・フォースター
出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジェマ・アータートン

何者かの陰謀によって愛するヴェスパーを亡くし、復讐を誓ったボンドは、彼女を操っていたミスター・ホワイトを捕らえ、真相を究明すべく尋問する。そして、彼の背後には世界中の有力者や諜報機関をも取り込む巨大な組織が存在していることを知るのだった。その調査のため、まずハイチに向かったボンドは、そこでカミーユという謎めいた女性と出会う。さらに彼女を通じ、組織の幹部ドミニク・グリーンを突き止めるボンド。グリーンの表の顔は、環境保護のため土地を買収する慈善団体“グリーン・プラネット”のCEO。だがその裏では、ボリビアの土地に眠る貴重な天然資源の独占を目論み、それを機に世界支配を企んでいた。上司Mから、グリーンの陰謀を阻止する任務を私情を挟まず遂行せよ、と念を押されるボンド。ところが、カミーユも実はグリーンと共謀するボリビアの将校に愛する家族を殺され、復讐の機会を窺っていると知ったボンドは、彼女と共にグリーン打倒へ奔走していく。


そうでした、前作の1時間後から始まるのだから、復習しておけばよかった……。それにしても、いきなりのカーチェイスに大クラッシュ。イタリアの祭りでにぎわう田舎町の中や屋根の上を追いかけ周り、南米に飛んでボートで疾走、オーストリアでは大劇場でのオペラシーンなどと、今回もスケールが大きい。けれど、Qは出てこないので、せいぜいGPS携帯があるくらい。そう、前作からの流れで、これでしっかりボンドが007になったのですね。だから、エンディングでやっときちんとしたあのテーマー曲が流れます。

奇抜な装備や、妙なお色気がない、これがハードボイルド作品ですよね。以前はボンドの俳優が変わっても路線は継承されていたけれど、ダニエル・クレイグから『カジノ・ロワイヤル』に回帰して別路線でスタートと思えば、それもまたよしです。今後のダニエルのボンドの活躍が楽しみ、というわけで、星は「★★★★☆」です。


007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション (2枚組) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2008-12-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



007/慰めの報酬~オリジナル・サウンドトラック
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
2008-11-26
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



('09-3)

"『007/慰めの報酬』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント