『シャーロック・ホームズ』

画像
【Sherlock Holmes】
2009年/ワーナー/129分
【オフィシャルサイト】
監督:ガイ・リッチー
出演:ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、ケリー・ライリー

19世紀末のロンドン。若い女性が次々と不気味な儀式を思わせる手口で殺される連続殺人事件が発生。ロンドン警視庁(スコットランド・ヤード)も捜査に手こずる中、名探偵シャーロック・ホームズがこの難事件解決に立ち上がる。はたして、持ち前の超人的な観察力や記憶力、推理力でたちまち犯人の居所を突き止めるのだった。だがその犯人、邪悪な黒魔術を操るブラックウッド卿は、巨大な闇の力とのつながりをほのめかし、すぐ復活すると言い残して処刑される。するとやがて、ブラックウッドが本当に甦ったとの報せが。そしてブラックウッドは、ある秘密組織の頂点に立ち、全世界を支配するという野望の実現へ暴走し始める。ホームズはその邪悪な陰謀を食い止めるべく、相棒ジョン・ワトソンとの名コンビぶりを発揮しながら、ブラックウッドを追跡するのだが…。


これまでのホームスのイメージは、いかにも英国紳士で落ち着いたものでしたよね。今度のホームズ、頭脳明晰で観察眼に優れているのは変わりませんが、いささか破天荒。賭けボクシングみたいなシーンは、格闘技が苦手は私には不要でした。それに、観客も一緒に推理を楽しむって感じではなかったですね。ワトソンの、なんだかんだ言いながら結局サポートしてしまうお人好しっぷりは、よくあるコンビのパターンで、紳士で落ち着いた感じではない。彼の婚約者がまたちょっと微妙……。そして、アイリーンは、どうしても峰不二子みたいな感じが…(^_^;) そう、つまり、ホームズより、ルパンの方がよかったのでは?ブラックウッド卿のマーク・ストロングの方が、むしろホームズのイメージと、TVでホームズ協会の人が言ってましたが、そうかも知れません……。

なんて、勝手なこと言ってますが、とっても面白かったですよ!建設中のタワーブリッジの様子や、やはり建設中の大型船のドックとか、ロンドンの街や人々の様子など、映像もよく出来ています。それに、産業革命当時の事ですし、化学の分野でも飛躍的な発展を遂げたわけですから、そういう面でも興味深いですね。ぜひ、スクリーンで楽しみたい作品です。そして、いかにもな終わり方ですから、次作を期待しましょう。ということで、星は「★★★☆-」です。


シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック
SMJ
2010-03-03
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




"『シャーロック・ホームズ』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント